ダポキセチンで妊娠を可能にするには

ダポキセチンは男性がセックスをするときに早漏になるのを防ぐ薬で、SSRIの成分で作られているので、脳の興奮を抑えてセロトニンの減少を抑えることで不安や緊張を解消します。ダポキセチンを服用すると射精までの時間が長くなるので、早漏の人でも2分程度は時間をのばすことができるので、女性と正常なセックスをして妊娠も可能になります。早漏の場合は挿入をする前に射精をしてしまうことがあるので、ダポキセチンを服用して射精が正常に出来るようになると女性と正常な性行為が出来るようになるので妊娠が可能になります。もともとSSRIの薬は副作用として射精障害があったので、この作用を利用してダポキセチンが開発されて認可を受けています。世界的にも早漏治療薬として世界中で服用されている薬なので、日本でもED治療をしているクリニックなどで処方を受けることができますが、個人輸入でもジェネリック医薬品を手に入れることができます。妊娠をするためには膣内に射精をしなければならないので、早漏を治療しないと難しいとされていますが、亀頭の感覚を鈍くすることで膣内に射精ができるようになるので、妊娠する可能性が高くなります。早漏防止剤には他にも塗り薬やスプレータイプのものがありますが、局所麻酔薬を含んでいるので、オーラルセックスをする場合などには苦味を感じる場合があります。また女性器に麻酔成分が触れると女性器に違和感を感じる場合もあります。また外用薬は使用するタイミングが難しいので、ダポキセチンのような内服薬のほうが効果も長く続くので早漏防止剤としてのメリットが大きいとされています。この薬はセックスの時だけ服用することもできますが、毎日服用を続けることで効果も高くなります。

ページの先頭へ戻る